眼鏡を作るときは眼科にいこう

眼鏡を作り直したくて眼科に行きました

私は小学生の頃から視力が悪く、眼鏡で視力矯正しています。先日まで使っていたのは、今から4年ほど前に近所のメガネ屋さんで作ったものでした。今年に入り、なんとなく見えにくくなってきたと感じてきて、最近は頭痛や肩こりがひどくなってしまい、思い切って眼鏡を作り直すことにしたんです。今度はメガネ屋さんではなく、きちんと眼科へ行きました。視力だけ調べるのかと思っていましたが、眼圧などの検査も行い、お医者さんによる診察も受け、とても安心感がありました。そして、実際に今の自分に合う眼鏡を作る前、担当の方に現在抱えている悩みを話しました。

仕事やプライベートでパソコンに向き合う時間が長いこと、頻繁に頭痛がすること、肩や首が凝ることなど、悩んでいることを全て伝えました。すると、ずっと使っていたものは度が強すぎると教えてくれました。そして、抱えている悩みが解消されるように調整してくれたんです。パソコンなど近くのものを見る機会が多い場合は、見えすぎると余計に目が疲れてしまうということで、両目とも視力を1.2ほどに調整してくれました。さらに今までよりも度を弱くしてくれたんです。そうやって完成した眼鏡は、長時間使っても目が疲れることなく、とても快適です。あれほど悩んでいた頭痛や肩こりも感じなくなり、とてもありがたく思っています。それど同時に、自分の目に合った眼鏡を使うことの大切さをあらためて考えさせられました。これからは、大切な目のためにも、定期的に眼科を訪れてチェックしてもらおうと思いました。

注目情報

Copyright 2017 眼鏡を作るときは眼科にいこう All Rights Reserved.