眼鏡を作るときは眼科にいこう

眼科で検査して眼鏡屋さんでメガネを作る

知り合いの眼鏡屋さんの封筒の印刷を頼まれた時に、眼科の封筒が使われていたことに疑問を持ち確認してみました。すると、眼科医で処方されたカルテで眼鏡やコンタクトレンズなどが眼鏡屋さんで作られているということを初めて知ったのです。

コンタクトレンズは眼科で処方してもらい種類も決めて作るのは知っていましたが、いつも行っているメガネ店で作っているとは考えもしませんでした。いつも行っている眼鏡屋さんは私が持っているメガネほとんどがこの眼鏡屋さんで作られたものです。時々、合わなかったり調整ミスの場合は最初からレンズを作り直してくれます。こういう親切で真摯な態度のこの眼鏡屋さんを私はこれからも利用していきたいと思っています。

そんな店を信用してこの店ばかりで作り替えています。考えてみれば眼科に行った患者さんは目の見え方が悪かったり、病気になったからかかるのでしょうが、目がみづらい理由は視力だけでなく他の病気もあるのでしょうし、その病院で薬をもらえば当然のように必要ならばメガネも作ることになるのは当たり前です。気がつかなかった私自身が未熟なのは当然ですが、気がついて良かったと今は思っています。今は視力の回復に手術を行う病院もあるそうです。私も乱視に近視、最近は老眼まで増えて眼鏡の度数もアップして金額もかなり増えてしまいました。見やすく、目が疲れない裸眼で運転してみたいとは思うのですが、自分自身に目の手術を考えることは今も、これから先もないような気がしています。

注目情報

Copyright 2017 眼鏡を作るときは眼科にいこう All Rights Reserved.