眼鏡を作るときは眼科にいこう

お子様の初めての眼鏡は眼科で処方箋を書いてもらおう

自分の子供の視力が低下した時に、必要になってくるのは眼鏡です。視力の低下は黒板の字が見えない、運動しているときに危ないなど、日常生活に支障をきたすおそれがあるので、必要でしょう。コンタクトレンズもありますが、小さいお子様の場合は危険ですのであまりお勧めできません。子供の視力矯正はほとんどが眼鏡になっています。いざ購入となると、自分が眼鏡をかけているとついつい、メガネ屋で視力検査を頼みがちです。しかし、できることなら眼科へ通い、処方箋を書いてもらうことをお勧めします。それはなぜか。

まず、メガネ屋では視力は測れてもそれ以外の目の病気についてはわからないからです。そして、近視と遠視どちらかを見極めるのが子供の場合難しいです。さらに、仮性近視と呼ばれる、一時的な視力低下についてもメガネ屋では知ることが出来ません。ですので、初めて時は眼科さんへの通院を勧めます。通院することにより、仮性近視だとわかれば視力は回復します。また、近視、遠視以外にも斜視や斜位などといった検査も眼科の方がきちんと調べれくれると思います。いろいろ検査をしてから、処方箋をもらい眼鏡を作れば、親としても安心でしょう。こどもの場合、見えているのかいないのかを大人が判断するのは難しいので、多少、お金はかかりますが、処方箋発行を勧めます。次回からは、その度数を基準にしてメガネ屋でも測ることが可能ですので、初めての時だけ、眼科を利用してみてはいかがでしょうか。そのほうがトラブルが少ないと思いますよ。

注目情報

Copyright 2017 眼鏡を作るときは眼科にいこう All Rights Reserved.