眼鏡を作るときは眼科にいこう

眼科で眼鏡の処方箋を出してもらった

目のかすみが酷くなり、市販の目薬をさしても良くならないので眼科に診察に行きました。普段運転する時にかけている眼鏡も持って行きました。眼科で裸眼の視力と眼鏡を掛けてからの視力を計りましたがかすみが酷せいか眼鏡を掛けてからの視力もかなり悪くなっていました。診察の結果、以前よりドライアイが酷くなっていて、ドライアイの目薬を処方されました。その時に眼科医から、眼鏡の度が合っていないので眼鏡の処方箋を出そうかと医師に言われました。

私は、その時まで眼鏡は眼鏡屋さんで検眼してもらって作るという意識を持っていましたから、眼科医で眼鏡の処方箋を出してくれそれを眼鏡屋さんに持っていけばその検眼通りの眼鏡を作ってくれる事を知りました。医師から眼鏡の度が合っていないのは、いろいろ悪影響があるからレンズをかえた方がいいと勧められ医師から処方箋を出してもらう事になりました。眼科で出してもらった処方箋を持って眼鏡屋さんに行き、眼鏡のレンズを処方箋のレンズに買い替えました。初めから眼科の処方箋を持っているので、眼鏡屋さんでの検眼が無いのでスムーズに購入出来ました。今まで眼鏡を作る時には、眼鏡屋さんで検眼にかなりの時間が掛かっていましたが、眼科で処方箋を出してもらえばスムーズに行く事を知りました。処方箋通りに作ってもらった眼鏡は、自分の視力に良く合っていて見え心地がいいです。今度、眼鏡の度が変わったら眼科で処方箋を出してもらおうと思います。

注目情報

Copyright 2017 眼鏡を作るときは眼科にいこう All Rights Reserved.