眼鏡を作るときは眼科にいこう

眼科で視力検査をして眼鏡を購入したことについて

私は両目の視力がかなり違うため、コンタクトレンズ以外で視力矯正をすることは難しいと言われたことがあります。基本的に眼鏡を購入する場合は、取扱店に足を運び店内で視力検査をすることで、自分にあった物を購入することが可能ですが、私自身が取扱店で購入する場合は、微妙な視力調整を必要とするため、眼科で視力検査をすることをすすめられました。私自身、日頃はコンタクトレンズを使用して生活をしていたため、眼鏡をあまり必要としないので、今まで購入した経験が一度もありませんでした。

災害などが起こったときに、眼鏡が必需品になることを知りました。基本的にコンタクトレンズを1日使用場合、洗浄し数時間の間保存液に入れて保管する必要があるので、災害が起こったときに洗浄することは難しいと思います。眼鏡は、基本的に壊れない限りずっと使用することができ、簡単に装着することができるので非常に便利です。災害のときのことを考えて、人生で初めて作成することにしました。眼科で微妙な視力調整をしながら視力検査をしてもらい、眼科での視力検査の結果を持って、取扱店に足を運びました。眼科で適正な視力検査を行ってくれたため、スムーズに作成することができました。最近では、コンタクトレンズよりも手軽に使用することができるため、眼鏡で日常を過ごすことが多くなりました。コンタクトレンズを購入する手間と時間を省くことができるので、これからも使用していきたいと思います。

Copyright 2017 眼鏡を作るときは眼科にいこう All Rights Reserved.